HEYA-TEN since 2002

Blog

ボランティア

2013.10.29(Tue) | 19:47 | 生真面目の垣内田

今でこそボランティア、ボランティア活動は当たり前になっているが、

そもそもこの言葉が日常的に塚原出したのはいつの頃からだろう・・apple

確か、平成7年のあの阪神大震災の頃からではないでしょうか・・・

あれから20年fuji

昔から何処においても、災害発生時はもちろん地域の各種イベントや清掃活動など

みんなが助け合い協力しあって生きていますsun

その頃から助け合うのが当たり前で、今のようなボランティアしているというおこがましい感覚はなかったのであろう。

私は今、時間があるときは市内で観光のボランティア活動をしているsign01

ひろしまの良さ・素晴らしさを多くの観光客に紹介し、ただ観光を勧めるだけでなく、

ひろしまに宿泊してもらい、みやげ物もたくさん買ってもらい、

地域の潤い、活性化に少しでも貢献できればと思っていますhappy01

ボランティアを通し多くの観光客に喜んでもらい、楽しんでもらう。ここには目に見えないおもてなし・接客の心ですshinell.jpg

弊社の賃貸住宅提供の仕事、お客様のニーズにあった物件を提供することにより、そこには人が住み、家族が増え、周辺の商店街は多少とも潤う。

ボランティアと仕事、共通して言えることは地域社会への貢献ではないかと思いますconfident

最近の投稿


月間アーカイブ

Page Top